• 尾瀬檜枝岐温泉観光協会公式Webサイトです。

檜枝岐歌舞伎

cimg_a20
cimg_a21

檜枝岐歌舞伎は江戸の時代より親から子、子から孫へと伝承されて連綿と続き、春と秋の祭りに奉納歌舞伎として檜枝岐の村人を楽しませてきました。現在残っている資料の中に270年前に購入された浄瑠璃本が残っていることから、270年以上の歴史を持っていると言われています。上演される舞台は鎮守神の境内に有り、国の重要有形民俗文化財に指定されております。観客席は露天で、神社への坂がそのまま自然の観覧席になっており、夕方より上演されます。
夕闇が深まる中での鑑賞は、その昔上演された雰囲気を十分に伝えてくれます。 役者の方々は全て村の住民で、自分の仕事を持っておられる中、寸暇を割いて練習されております。その演技については素人離れしたものがあると評価を戴いております。

cimg_a22cimg_a23

座の名称は「千葉之家花駒座」、座長は現在10代目星長一氏、座員は裏方さんも含め30名ほどです。 近年は現代まで引き継がれている貴重な農民芸能として脚光を集め、上演の際には多くの観衆が訪れます。 また檜枝岐歌舞伎は平成11年3月31日に福島県の重要無形民俗文化財に指定されております。

cimg_doori

檜枝岐歌舞伎上演予定日

歌舞伎伝承館「千葉之家」

cimg_a65

歌舞伎伝承館「千葉之家」は、村民や観光客に檜枝岐歌舞伎への理解を深めてもらうとともに、貴重な資料などを残すため平成24年9月に建設されました。

檜枝岐の舞台(国指定重要有形民俗文化財:昭和51年8月23日指定)

cimg_mikatacimg_butai01

檜枝岐の歌舞伎は元来鎮守神の祭礼に歌舞伎を奉納するという形で上演され、村民もこれを楽しむというものでありました。したがって建物は神社に向かって建てられ、拝殿のような形態をとっています。 明治26年の大火で消失し、明治30年に再建されたのが現在の舞台です。全村火災という大災害に遭い、当時の貧しい暮らしの中で、村民が総力をあげて作ったと思われます。 平成16年3月に国立劇場公演を行なった際には、劇場側で檜枝岐の舞台そっくりの舞台装置を作り、そこで上演されました。

檜枝岐歌舞伎の見方

cimg_butai02

※檜枝岐歌舞伎は屋外で行います。雨天の場合も激しい雨以外はそのまま上演致します。席は先着順で御自由にお座りください。定員はありませんが1,200名入れば一杯となります。入場は開演時刻の1時間前となっており、開場前の席の確保はできません。(マスコミカメラ席は確保させていただきます。)写真撮影は他の御客様の迷惑にならないようご協力お願いいたします。また、ビデオカメラや携帯電話での撮影はご遠慮願います。 ※演目は変更する場合がございます。


9月 2016
« 8月   10月 »
    1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
2016年 10月 29日~
2016年 11月 13日
第3回 山人新そばまつり