• 尾瀬檜枝岐温泉観光協会公式Webサイトです。

村内のビュースポット

六地蔵

桜の時期がおすすめ!

村の桜の開花時期は、5月のゴールデンウィーク前からです。ピンクの山桜との相性が最高です!また、六地蔵の衣裳は村の人によって年に3~4回程度着せ替えられるため、来るたび衣裳が変わり、季節により違う顔が見れるかも?

中土合公園展望台

檜枝岐が一望!

中土合公園から徒歩で約30分。山あいに静かにたたずむ檜枝岐村全体を一望できる空間に出会えます。訪れる季節や時刻で変化する村の表情をお楽しみください!
年間を通し、綺麗な写真を撮ることができるでしょう!

スキー場や
アルザからの山々

スキー場やアルザからの山々は紅葉時期がおすすめ!

檜枝岐村の紅葉は、10月中旬頃から見頃を迎えます。スキー場からアルザ方面の山々は岩場が多く、モミジやナナカマドが自生し朱色に色づきます。日中の日差しが葉に差し込むと、より美しく観光客の目を楽しませています!

七入駐車場や
ミニ尾瀬公園駐車場

満天の星空スポット!

夜空を埋めるほどの星空を見たことがありますか?七入やミニ尾瀬公園付近まで行くと、街路灯がなく星の明かりが鮮明に見ることができます。檜枝岐村は、夏でも空気が澄んで、年間を通し綺麗な星を見ることができます!

竜ノ門の滝と
モーカケの滝

滝のビュースポット!

竜ノ門の滝は、会津駒ヶ岳登山道途中から右へ入り駐車場より徒歩で約30分で到着します。2段に流れ落ちる滝が白い糸を引き、春から秋までその美しさが楽しめます。
モーカケの滝は、檜枝岐村中心部から車で約30分、国道352号線の御池と七入の間に駐車場があり、徒歩約2分で見ることができます。落差50mといわれる大きな直瀑の滝です。平安時代の装束の裳をかけたように裾が広がった優美な姿からその名が命名されたそう。秋の紅葉時期が特におすすめ!

ブナ平

広大なブナの原生林スポット!

檜枝岐中心部から車で国道352号線を御池方面に約30分。5月中旬ごろからの新緑は残雪とのコラボレーションが美しいです。紅葉は、9月下旬から10月中旬ごろまでが見ごろとなります。ブナの淡い新緑やナラ、モミジなどの秋色により、毎年観光客を魅了します。

七入地区国立公園
モニュメントから望む

東北一の高さを誇る燧ケ岳を眺めるスポット!

国道352号線を御池方面に車で約10分行くと国立公園の碑石があります。そこからは、日本百名山でもある壮大な燧ケ岳が望める。車で簡単に行くことが可能なので、朝や夕の変化ある姿も魅力。また、春の残雪や秋の紅葉なども楽しめます。

観光案内所
六地蔵
中土合公園
アルザ尾瀬の郷
ミニ尾瀬公園
竜ノ門の滝
モーカケの滝
ブナ平
尾瀬国立公園
燧ケ岳


2月 2017
« 1月   3月 »
   1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28