尾瀬の名瀑

山旅の道中に、
ふと現れる尾瀬の名瀑

モーカケの滝

「モーカケ」とは、平安時代の女性の装束で、腰から下にまとった服の呼び方からという説と、沢沿いに多く見られるサルオガセが、「毛をかけた」状態に見立てたものという説があります。

三条の滝

尾瀬のシンボルの一つで、只見川の本流を一気に落とし込む高さ100m、幅30メートルの大瀑布です。

抱返ノ滝

沼山峠から旧道沼田街道を徒歩で20分程下った所にあり、新緑の時期は優雅な様子が楽しめます。

平滑ノ滝

川床の一枚岩を長さ500m、幅50mも渡り滑り渡るように流れ落ちる全国でも珍しい滝です。

竜ノ門ノ滝

会津駒ヶ岳滝沢登山口の車道途中から分岐し、歩いて30分程の展望台から望める名瀑です。沢の増水により展望台への道が閉鎖する場合があります。詳しくは観光協会までお問合せ下さい。(観光協会Tel.0241-75-2432)